WAVESの主要製品と解説

大幅値下げのセールなどを頻繁に行い少し安っぽいブランドイメージになってしまいましたが
DTMやDAWの歴史を語る上で、欠かすことができない存在がWAVESです。

メジャーCDでもよく使われましたが、WAVES L3 シリーズやRenaissance Compressorなどは、歴史に名を残したプラグイン・エフェクトです。

WAVES プラグイン・エフェクト

WAVES Vocal Rider - ボーカルのボリューム自動調整

WAVES「Vocal Rider」ワイド画像
ボーカルトラックを聴きやすくするために、ミックス時にコンプ処理を施すのは当然ですが、それだけでは不充分です。そこで、DAWのフェーダー・オートメーション機能を使った「手コンプ」によるボリューム調整が重要になりますが、ボーカルのボリューム調整は時間も掛かり難易度が高いと感じている人も少なくないはずです。今回、紹介するWAVES「Vocal Rider」は自動でボーカルのダイナミクス調整を行ってくれる魔法のプラグインです…

> 『WAVES Vocal Rider』の解説

Renaissance Compressor - 超定番コンプレッサー


WAVES R-Comp 画像1

数多く存在するWAVESのバンドル製品のなかで、多分最も売れたバンドル製品が「WAVES GOLD」ではないでしょうか?売れている理由はお手頃感と、他社も含めて、さまざまなプラグイン・エフェクトの良し悪しを判断する基準になるプラグイン・バンドルだからです。30種類以上のプラグインが「WAVES GOLD」には収録されますが、定番中の定番コンプ「Renaissance Compressor」が収録されていることが購入の決め手になった人も少なくないと…

> 『Renaissance Compressor』の解説


WAVES バンドル製品

SSL 4000 Collection - WAVESの定番プラグイン・バンドル

WAVES「SSL G-Equalizer」
伝説的なアナログ・ミキシング・コンソール「SSL 4000 シリーズ」を細部までモデリングした4つのプラグインがパッケージされている『SSL 4000 Collection』はSolid State Logicのライセンスを受けて開発された大ヒットしたWAVESのバンドル製品です。以前このサイトで超定番コンプレッサー「WAVES Renaissance Compressor」を紹介しましたが、ここ数年で、わたし自身はWAVESのプラグインを使用することが減りました…

> 『WAVEA SSL 4000 Collection 』の解説


おすすめ人気のWAVES関連記事

2008年に公開した音楽サイト『DAWスタイル』の主役的のメーカーのひとつがWAVESでした。当時の音圧競争のなかでWAVESは非常に大きな存在でした。

今でもトップレベルの製品を提供しているブランドではありますが、当時は圧倒的でした。ここでは今でも『DAWスタイル』で人気のあるページをいくつか紹介します。

WAVESのマキシマイザー

WAVES L3-LL Multimaximizer
簡単に市販レベルまで音圧を稼ぐごとができたWAVESのマキシマイザー「L2 Ultramaximizer」や「L3 Multimaximizer」は歴史に名を刻んだプラグインです。

自宅に『L シリーズ』を導入したことにより「音圧調整」の悩みが解決した人も少なくないはずですが、マスタリング・エンジニアの仕事を大きく奪ってゆきました。

わたしはシリーズのなかで「L3-LL Multimaximizer」の音の質感が一番好きで、仕事での制作にも、よく使用しました。

> WAVESのマキシマイザーへ

WAVESのベース用プラグイン




WAVESのなかで現在でも人気のあるページが「ベース用プラグイン」のページです。低域は今でも難しいと感じている人が多いかな?という感じです。

EDMとかでなくても今はキックのアタック感を出す時代になり、そこに絡むベースにそれに合わせて音作りをする必要があります。

ベース用プラグインのページでは「CLA 3A」「R-BASS(Renaissance Bass)」「Bass Rider」などを紹介していますが、プロのエンジニアでも使用している人は現在でも多いです。

> WAVESのベース用プラグインへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする