ギター音源の解説 & 選び方

ギター音源の定番は情報も比較的豊富ですので「Real Strat」や「Real Guitar」などの「Real シリーズ」や「Electri6ity」あたりであることは間違いありません。

このサイトはどちらかというとマイナーなギター音源を紹介しています。一癖あり導入する人は少ないと思いますが「Chris Hein Guitars」はなかなか使えます。


ギター音源 - DTMソフトシンセ

ソフトシンセのギター音源エレキギターを選ぶ場合はアンプシミュレーター込みで考えて選ぶ必要があります。

またパソコンのスペックにもよりますが、「Electri6ity」に高品質な音源は立ち上げてから読み込む時間が半端なく掛かるギター音源がありますので、その点は注意が必要です。

わたしは読み込みに時間が掛かる音源は敬遠しています。打ち込みの技術とアンプシミュレーターで追い込んでどこで妥協できるか?というのもギター音源の選ぶ際のポイントです。

Virtual Guitarist IRON - UJAMのロック向けエレキギター音源

Virtual Guitarist シリーズ

再開発され2015年に復活したUJAM「Virtual Guitarist シリーズ」は、指定したキー/コード/スタイルでリアルなギター・フレーズを生成してくれるUJAMのギターのソフトシンセです。かなり昔のギターの打ち込みが難しかったSteinberg時代に大ヒットした音源ですが、今回紹介する「IRON」はUJAMにより復活&進化したロック向けエレキギター音源です。Virtual Guitarist IRONは手巻きのカスタム・ハムバッカーとシングルコイルの …

> 『Virtual Guitarist IRON』の解説

Prominy「V-METAL」は今でもトップクラスのギター音源

Prominy「V-METAL」ワイド画像

Prominyのギター音源「V-METAL」が登場したのは2011年ですが、リアルなギターサウンドを再現することができるので、今でも人気があり定番のソフト音源となっています。収録されているのはEMG ハムバッカー・ピックアップ搭載ギター「ESP Alexi Blacky」のサウンドのみですが、約19GB、26,000サンプルも収録されています。現在はたくさんのギター音源が発売されていますが、リアルなギター表現には欠かすことができない多くの …

> 『V-METAL』の解説

Chris Hein Guitars - リアリティを追及したギター専門音源

Chris Hein Guitars 画像2
Best Serviceの『Chris Hein Guitars』は「エレクトリック・ギター(クリーン)」「ジャズ・ギター」「ジャズ・ギター」「スティール・ギター」「ナイロン・ギター」「バンジョー」「マンドリン」などのギター音色を収録するギター専門音源です。現在『Chris Hein Guitars COMPLETE』となり、「エレクトリック・ギター(ブルース)」「エレクトリック・ギター(コーラス)」は収録されていませんが、価格が半値以下に落ち …

> 『Chris Hein Guitars』の解説


ギター・ライブラリ

コード指定でパターンを演奏してくれタイプの音源は別ですが、音源が大きく進化しても、やはりギターの打ち込みは他のパートに比べると時間がかかります。

そのため各ギター音源専用のMIDライブラリは数少ないですが、別売りでも良いので、もっと多くても良いかなと思います。

かなりMIDIパターンが充実している「Real Guitar」系も、もっとパターンを増やしてほしいです。

Strum GS-2 サウンドバンク by Yves Frulla - AASのギター音源

AAS Strum GS-2 + Packs

お手軽操作が好評のAASのキーボードでエレキ・ギターとアコースティック・ギターを奏でることができるソフトシンセ「Strum GS-2」には複数のサウンドバンクがリリースされています。ここで紹介する「Strum GS-2 サウンドバンク」はセリーヌ・ディオンのキーボード奏者として知られているYves Frullaによるライブラリです。国際的に高く評価されているカナダのソングライター、プロデューサー、キーボード奏者 Yves Frullaによる …

> 『Strum GS-2 サウンドバンク by Yves Frulla』の解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする