SSL 4000 Collection - 大ヒットしたWAVESの定番プラグイン・バンドル

WAVES『SSL 4000 Collection』
伝説的なアナログ・ミキシング・コンソール「SSL 4000 シリーズ」を細部までモデリングした4つのプラグインがパッケージされている『SSL 4000 Collection』はSolid State Logicのライセンスを受けて開発された大ヒットしたWAVESのバンドル製品です。

SSL 4000 Collectionの特徴

以前このサイトで超定番コンプレッサー「WAVES Renaissance Compressor(ルネッサンス・コンプレッサー)」を紹介しましたが、ここ数年で、わたし自身はWAVESのプラグインを使用することが減りました。

ただ、現在でも仕事ベースで使うことのできるWAVESプラグインは多数あり、『SSL 4000 Collection』も現役で使うことができます。

SSLサウンドをDAW上で再現

WAVES『SSL 4000 Collection』に収録される「SSL E-Channel」「SSL G-Master buss Compressor」「SSL G-Equalizer」「SSL G-Channel」の4つのプラグインは非常に完成度が高くSSLサウンドをDAW上で再現することができます。

オリジナル機器の特性を忠実に再現する「Analog=On」モードと、クリアさを優先した「Analog=Off」モード切替え機能を全プラグインに搭載していますが「Analog=On」にしておくとノイズが気になる人もいると思います。

「何でノイズが出ているんだろ?」の原因が『SSL 4000 Collection』の「Analog=On」だったという人もいるのではないかと思います。

Chris Lord-Alge「SSLプリセット」

グラミー賞受賞のミキシングエンジニアの Chris Lord-Alge(クリス・ロード-アルジ)も『SSL 4000 Collection』の出来の良さを認め高く評価しています。

Chris Lord-Algeが数々のヒット作で使用したものとまったく同じボーカル、ギター、ベース、ドラム、ストリングス、ブラス用のセッティングの「SSLプリセット」が『Waves SSL 4000 Collection』ユーザー向けに公開されています。


SSL 4000 Collectionに収録されるプラグイン

SSL E-Channel


WAVES「SSL E-Channel」

WAVES「SSL E-Channel」はビートルズで有名なイギリスの音楽プロデューサーのジョージ・マーティン(2016年03月08日死去)が設計した「Black Knob」フィルター/EQと「SSL LS611E」のソフト・ニー・コンプ & ゲートを1画面に統合したプラグインです。

2015年のMr.Childrenのアルバム『REFLECTION』のレコーディング・ミックスストーリーで、エンジニアの今井邦彦 さんが「ほとんど全トラックに『WAVES SSL4000』の「E-Channel」を使っている。SSLのシミュレーション系の中では音的にもこれが一番気に入っています。」というコメントを残しています。

SSL G-Channel


WAVES「SSL G-Channel」

「SSL 4000 383 G EQ」をベースとする「SSL 4000 Series-G コンソール」に搭載するチャンネルストリップを再現した「SSL G-Channel」です。

「E-Channel」と「G-Channel」の違いを簡単に書いておくと、細かい補正をしたい場合は「E-Channel」、積極的な音作りをしたい場合は「G-Channel」です。

SSL G-Master buss Compressor


WAVES「SSL G-Master buss Compressor」

SSLコンソールのマスターセクションに搭載されていたコンプレッサーのエミュレートした定番中の定番のバスコンプ「SSL G-Master buss Compressor」は、個人的に一時期、気に入っていて、仕事でもよく使っていた時期があります。

何と言ってもシンプルなのが特徴で、全バストラックに立ち上げて、プリセットをそのまま使っても、まとまり感のあるかなり良い質感にしてくれます。

SSL G-Equalizer

WAVES「SSL G-Equalizer」
ブースト、カット時のディップやピークに特徴がある Gコンソールの4バンドEQ「SSL G Series EQ292」をベースに再現されたプラグインが「SSL G-Equalizer」です。

Gシリーズ チャンネルストリップからEQセクションだけを抜き出したプラグインですが、独特のEQカーブを持っている微調整用ではなく、音作り用のEQです。


SSL 4000 Collection 収録バンドル

WAVES『SSL 4000 Collection』は「Studio Classics Collection」や「Pro Show」などのWAVESバンドルにも収録されています。

「Pro Show」はあまり見かけませんが、「Studio Classics Collection」は「The API Collection」が収録されるのでオススメです。

Studio Classics Collection

WAVES「Studio Classics Collection」
Studio Classics Collectionには『SSL 4000 Collection』に収録される4つのプラグインの他に「V-Series」「The API Collection」が収録されるバンドル製品です。

収録されるのは「SSL E-Channel」「SSL G-Master buss Compressor」「SSL G-Equalizer」「SSL G-Channel」「API 2500」「API 550」「API 560」「V-Comp」「V-EQ3」「V-EQ4」です。

Pro Show

WAVES「Pro Show」
120を超えるプラグインを収録する「Pro Show バンドル」には、『SSL 4000 Collection』の他に、「API Collection」「CLAクラシックコンプレッサー」entialsバンドル」「JJP Analog Legends」が収録されています。

時代が大きく変わってWAVESも最近イロイロ言われていますが『SSL 4000 Collection』に収録されるプラグインに関して言えば、まだまだ現役で活躍するクオリティーがあります。他にもまだ良いプラグインがありますが、『SSL 4000 Collection』は特にオススメすることができます。

にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする