DAWマスタリング必須テクニック10選

現代版のマスタリング必須テクニック

10年くらい前に比べて、比較にならないほどマスタリング・ツールの低価格が進み、誰でも手軽に自宅でマスタリングができるようになっています。

商業的な楽曲のマスタリングも、有料オンライン配信レベルであるのであれば可能であると断言することができます。

音楽制作講座のマスタリング関連のページは2006年に公開したものですが、いまだに、かなりの人気があるため、マスタリングの重要性に気づいている人が多いのだと思います。

ただし、少し記事が古くなっていることもあるので、このサイトでも「DAWマスタリング・テクニック10選」を公開する予定でいます。

内容は2016年の一般未公開の「2ミックスの処方箋」を修正したものが主になりますが、「現代版のマスタリング・テクニック」としてかなり役立つもので、マスタリングの技術を劇的に進歩させることは可能だと思います。

これからのマスタリング

現在のマスタリング作業は一昔前の2ミックスのヘッドルームであったりの決まりごとみたいなものは、あってないようなものになっています。

ただし、マスタリングのミックスの状態を維持しながら音圧や質感調整をして、リスナーが聴きやすいようにするという目的は時代が変わっても同様です。

すべてはミックスから始まるというのは当然で、マスタリング済みの2ミックスのクオリティーが、作業前と比較して上回る状態にしなくてはいけません。

言うまでもなく、ローとハイを少しEQで調整して、最後にマキシマイザーを立ち上げて作業が完了するのであるのなら、一流と呼ばれるプロのマスタリング・エンジニアが、世の中に存在するはずはありません。

今までの言い訳は通用しない

誰でもマスタリング・ツールが手軽に手に入れることの時代というのは、誰でも簡単に音圧が出せる時代になったということです。

そんな状況のなかで、今までの「サウンドエンジニアではないから仕方がない」のような言い訳は通用しません。

今後は楽曲コンペは当然ですが、オンラインで楽曲を配信する際も、リスナーから評価を受けるためには自宅でも商業的なマスターファイルを意識したマスタリングが重要になります。

マスタリングもしない状況で、平気で音源をネットにアップしている人もいますが、リスナーから評価を受けるという観点では論外です。


DAWでのマスタリング・10のテクニック

DAWマスタリング・テクニック10選の公開予定

今のところ3つくらいは一般公開して、残りはパスワード公開を予定していますが、面倒なことはせずに、基本的に簡単なアンケートのみで、先着順で希望者に記事を見ることができるようにしたいと考えています。

無料公開後は一応、有料コンテンツにする予定でいます。公開終了後に再公開をして欲しいとの声が「ミックス&マスタリングのコツとテクニック」でも多々ありましたが、公開終了後に無料で再公開することはありません。

公開する順番はまだ決めていませんが、一応、今のところ以下が公開する予定のコンテンツで、マスタリング・テクニックの最新版だと言っても間違いないと思います。

注意点としてはコミュニケーションを取ろうとせずに、記事だけ読んでスルーする人は、閲覧できないと思って下さい。


<2017年02/28追記>
サイトを公開してまだ2ヶ月程度なので、もう少し時間がかかると思っていましたが、思ったよりも早く予定していた定員に達しました。

そのため第一期の先着順の受付を終了させてもらいました。今のところは未定ですが、第ニ期の募集もするかもしれません。


マスタリングの質問受付中

質問等がある人は、積極的に取り入れてゆきますので、このページのコメント欄でも良いですし、メールでもよいので質問して下さい。

一つでも質問をくれた人は、無条件で「DAWマスタリング・テクニック10選」の全ページを閲覧することができるようにします。


<2017年02/28追記>
定員に達したため、現在、質問の募集はしていません。


マスタリング以外のコンテンツが増えることが予想できますので、迷子にならないように、このページにブックマークをしておくことをオススメします。

にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする