SoundSpot「Mastering 5 for 5 Bundle」 - 5つのマスタリングツールを収録

SoundSpot Mastering 5 for 5 Bundle

低価格が魅力のSoundSpot「Mastering 5 for 5 Bundle」は5つのマスタリングツールを収録するバンドル製品です。

収録されるプラグインはバスコンプレッサー「Firefly」、マスタリングEQ「Overtone」、リバーブプラグイン「Oracle」と「Focus」「Percolate」です。

バスコンプレッサー「Firefly」

SoundSpot「Firefly」
直感的なユーザーインターフェイスの「FireFly」はトラックのトランジェントとステレオイメージを最適化するバスコンプレッサーです。

CPU負荷が低く柔軟なオプションを備えたモダンスタイルのバスコンプレッサー「FireFly」は「サイドチェーンフィルター」「アナログモード」「ラウドネスのための適応ノイズ生成」を備えています。

アナログコンプレッサーをエミュレートした温かみを付加する「ANALOG」や、コンプにより失われるトランジェントを調整する「PUNCH」機能を搭載していますので使い勝手は非常に良いです。

マスタリングEQ「Overtone」

SoundSpot「Overtone」
ハードウェアEQスタイル・インターフェースの「Overtone」は、Stereoモードと、現在当たり前のように使用されているMid / Sideモードの2つの設定が可能なサウンドに暖かさと透明感を生み出すマスタリングEQです。

他社のソフトウェア・マスタリングEQが「クリア」「透明なサウンド」などをキーワードにしていることを認識し、それが現代のマスタリングでは必要であることを理解した上で、ハードウェア・マスタリングEQの特性を持たせたのが「Overtone」です。

ニュートラル設定では、カットに対してはサウンドの透過性を維持し、ブーストに対してはハードウェアEQの持つようなサウンドを追加します。

わかりやすく書くと「Overtone」だけで「透明なサウンド」と「ハードウェア・サウンド」の両方の世界のベストを得ることがでるということです。

リバーブプラグイン「Oracle」

SoundSpot「Oracle」
イメージャー、フィルター、コンプレッサー、LFO、サチュレーション、フランジャーを搭載している「Oracle」は直感的に操作することができるリバーブプラグインです。

リバーブの後に別のコンプレッサーをインサートする人も多いと思いますが、アナログスタイルの視覚的な波形フィードバックを備えたコンプレッサーが「Oracle」には搭載されています。

不要な周波数を調整するバンドパスフィルターや、ステレオ・イメージング・コントロールも搭載していますが、普通のリバーブプラグインとして使うには少し向いていないです。

すでに定番のマスタリングツールを使用していて不満のない人には SoundSpot「Mastering 5 for 5 Bundle」は不要ですが、とにかく低価格なので音の変化などは参考にはなります。

そのためバスコンプレッサー「Firefly」あたりは持っていても損はありません。