dspMixFx - STEINBERGのDSPオーディオ・インターフェイスに搭載

dspMixFX ワイド画像

dspMixFxの種類

STEINBERGからは中級者以上向けにDSP機能を搭載したオーディオ・インターフェイス『Seinberg UR シリーズ』が販売されていて「dspMixFX」で音を直接エフェクト処理するため低レイテンシーでのモニタリング環境を構築することができます。

dspMixFXにはレコーディングに重宝する「Guitar Amp Classics」「REV-X」「Sweet Spot Morphing Channel Strip」の3種類のエフェクターが搭載されています。

またDSP機能を搭載する『UR シリーズ』には、DSPエフェクトのVST3 プラグイン版である「Basic FX Suite」も付属していて、ミックス時にも使用することができますので非常にお得です。

VST3 プラグイン版「Basic FX Suite」にも「Guitar Amp Classics」「REV-X」「Sweet Spot Morphing Channel Strip」が収録されています。

Guitar Amp Classics

dspMixFX「Guitar Amp Classics」ギターアンプシミュレーター「Guitar Amp Classics」には「CLEAN」「CRUNCH」「LEAD 2種」の計4種類のギターアンプが収録されています。

まず、ベーシックトーンを得たい場合に使用するトランジスターアンプのサウンドをシミュレートした「CLEAN」は、その名の通りクリーントーンに最適化したアンプモデルで、本体にはコーラスとビブラートエフェクトも内蔵しています。

次にブルース、ギターロック、ソウル、R&B など、多くのジャンルで使用することのできる、少し歪んだトーンを得意とするアンプモデル「CRUNCH」は、ビンテージチューブ・アンプサウンドを得ることができます。

そして「LEAD 2種」ですが、一つ目は、豊かな倍音を持つハイゲインチューブアンプをシミュレートしたアンプモデルでリードギターだけでなく、バッキングにもフィットします。

二つ目はハイゲインチューブアンプのなかから、6種類のディスト―ションサウンドをセレクトしたアンプモデルで、幅広いサウンドキャラクターを持っています。

リバーブエフェクト REV-X

dspMixFx「REV-X」リバーブ・エフェクト「REV-X」はプロオーディオ用途に開発されたリバーブで、「Hall」「Room」「Plate」の3種類のキャラクターが収録されています。

「Hall」はその名の通り大型のホールで演奏しているような深く広がりのある残響で、「Room」はスタジオや室内楽のような自然な部屋鳴りの残響、ミックス時のボーカル用リバーブに最適な「Plate」はアナログ感のある暖かい残響を再現しています。

ボーカリストが気持ちよく歌うことができるために、ボーカル録音時にも重宝するリバーブ・エフェクトですが、モニター音にだけエフェクトを掛け、実際に録音するボーカル音にはエフェクトを掛けない方法が一般的です。

それは録音後に行われるミックスダウン時にリバーブは調整したほうが効率的だからです。

Sweet Spot Morphing Channel Strip

dspMixFX「Sweet Spot Morphing Channel Strip」EQとコンプを組み合わせたチャンネルストリップ「Sweet Spot Morphing Channel Strip」はコンプレッサー、イコライザーの名機を使いやすく、直感的に操作することができます。

1番大きな「Morph」ノブを操作すると、全てのパラメーターが最適にモーフィングするのが特徴のチャンネルストリップで、楽曲にあった音色を誰でも簡単にを作ることができます。

また、プリセットにはプロのサウウドエンジニアが作成した様々なシュチュエーションで使うことのできるプリセットが用意されていますので、EQとコンプの知識がない人はプリセットをベースにして音を作ってゆくとよいでしょう。

dspMixFxが付属する製品

DSP搭載 UR シリーズ

エントリーモデルの「UR12」「UR22mkI」を除く、オーディオインターフェイス「UR242」「UR44」「UR28M」「UR824」に「dspMixFx」とVST3 プラグイン版「Basic FX Suite」が搭載されています。

DSP搭載モデルでは、もっとも価格の安い「UR242」はエントリーモデルの「UR22mkI」よりも数千円程度の高額なくらいです。

宅録スタジオの中核のオーディオインターフェイスは一度買うと数年買い換えることは、ほとんどの場合でありませんので、低レイテンシーでレコーディングできるだけでなく、REC&ミックスの戦力にもなる「dspMixFx」と「Basic FX Suite」が使えるものを選んだほうが良いと思います。

> 『DSP搭載 UR シリーズ』の詳細情報と最安値情報

DSP搭載 CUBASEバンドル製品

Cubase9ラインナップCubase Pro 9とオーディオインターフェイス「UR44」をセットにした『Cubase Pro Recording Pack』と、Cubase Pro 9とオーディオインターフェイス「UR824」をセットにした『Cubase Pro Producer Pack』でdspMixFxを使用することができます。

本格的な音楽制作環境を一気に整えることができるのが大きな特徴のSTEINBERGのお得バンドルが『Cubase Pro Recording Pack』と『Cubase Pro Producer Pack』です。

> 『DSP搭載 CUBASEバンドル製品』の詳細情報と最安値情報


にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする