Mozilla「Firefox」でアドオンが利用不能になる問題

Mozilla「Firefox」
2019年05月04日にMozilla「Firefox」にインストール済みのアドオンがすべて無効化され利用できなくなる問題が発生しています。

わたしはMac環境で「Firefox」を使用していますが、アドオンマネージャーを開くと「◯◯◯◯はFirefox での使用が検証されていないため無効化されています。」と表示されています。

<追記>
現在、問題は修復されていて、まったく問題なく「Firefox」を利用することができています。使えなくなって初めてFirefoxアドオンの便利さにあらためて気づかされた数日間でした。

Firefox アドオン無効化の原因と対処法

アドオン無効化の問題の原因

アドオン無効化の問題の原因は、アドオンの署名に利用されている中間CA証明書の有効期限が切れたためのようです。

わたしは環境では、すでに「Firefox」にインストールされている、すべてのアドオンが「旧式の拡張機能」扱いにされて利用不能になってしまっています。

また、アドオンを「Firefox」に新規にダウンロードすることもインストールすることもできません。

アドオン無効化の対処法

対処法としてOSの日付を2019年05月04日よりも前に変更するなどの情報が出ていますが、ブラウザだけのためにOSの日付の変更したりすることは、他のソフトやアプリで問題が起きる可能性があります。

結構手間の掛かるオーソライズ方式の高額なソフトを使っている人は日付の変更のライセンスに影響が出て、再度、オーソライズをしなくてはいけないという問題が出てくる可能性も否定することはできません。

再オーソライズは余計な手間と時間が掛かってしまいますので、ウェブブラウザのためだけに日付変更することは、けしてオススメすることのできる対処法ではありません。

明らかにMozilla 側の問題ですので、アドオンの再インストールなど余計なことはせずに、大人しく対応を待ったほうが良いと思います。

わたしもそうですが慣れているので長い間「Firefox」を使っていて、困っている人も少なくないと思います。

早く元の状態に戻って欲しいですが、Mozillaが対応するまでは「Google Chrome」と「Safari」を使います。


にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする